松平宗弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 宗弥(まつだいら むねみつ、貞享2年(1685年) - 正徳元年11月26日1712年1月4日))は、常陸笠間藩、のち遠江浜松藩の世嗣。

笠間藩第2代藩主(のち浜松藩初代藩主)・松平資俊の次男。母は佐野勝由の娘。正室は松平定重の娘。子は松平資順(長男)。官位は従五位下、日向守、美作守、主税頭。

資俊の嫡男として育ち、元禄12年(1699年徳川綱吉御目見する。翌元禄13年(1700年)叙任し、宝永2年(1705年)には父とともに松平姓を賜る。しかし、家督相続前の正徳元年(1711年)に27歳で早世した。死去した時、長男・資順はまだ生まれておらず、弟はいずれも早世または他家に養子に出ていたため、母方の叔父である資訓が養子に迎えられ、代わって嫡子となった。