松平久瑞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松平 久瑞(まつだいら ひさなお、享保元年(1716年) - 寛延元年10月6日1748年10月27日))は、上総国大多喜藩の嫡子。2代藩主松平正貞の長男。正室は本庄資俊の娘、継室は土井利知の娘。子は娘(松平正温正室)。官位は従五位下、伊予守。

大多喜藩嫡子(当時)だった正貞の長男として生まれ、享保13年(1728年)に将軍徳川吉宗に拝謁する。享保15年(1730年)に叙任するが、家督相続前の寛延元年(1748年)に早世した。代わって、大多喜藩の分家にあたる松平信祝の三男・正温を養子に迎え、久瑞の娘と縁組させて嫡子とした。