松平定重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平定重
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永21年11月16日1644年12月15日
死没 享保2年10月27日1717年11月29日
改名 万吉(幼名)→定重
戒名 円鏡院殿照誉定信智法大居士
官位 従五位下、越中
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩主→越後高田藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定頼、母:養仙院(京極高広の娘)
養父:松平定良
兄弟 定盛定長定重、真修院(島津綱久正室)、仙寿院(山内豊昌正室)、黒田之勝正室、酒井忠直正室、正寿院(阿部定高正室)
正室:前田利常の娘、継室:駒井氏
定富(四男)、定逵定儀水野忠定定弘柳生俊平定利(十二男)、娘(島津吉貴正室)、娘(松平忠雅正室)、娘(五島盛暢継室のち本多助芳正室)、娘(本庄宗弥正室のち京極高栄継室)ら

松平 定重(まつだいら さだしげ)は、伊勢桑名藩、のち越後高田藩初代藩主。定綱系久松松平家3代。伊予松山藩主・松平定頼の三男。

生涯[編集]

伊勢桑名藩の先代藩主である松平定良の養嗣子となり、明暦3年(1657年)に桑名藩主となる。宝永7年(1710年)5月、郡代野村増右衛門を経理上の不手際により打ち首にし、増右衛門の親族44人と関係者の役人370人を死刑、追放、罷免などの処分にした事件が発生する(野村騒動)。その重すぎる処分が幕府の不興を買い、閏8月15日に越後高田藩11万3,000石へ移封された。正徳2年(1712年)9月7日、五男の定逵に家督を譲って隠居し、享保2年(1717年)10月27日に74歳で死去した。