松平資順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 資順(まつだいら すけゆき、正徳2年(1712年) - 延享3年6月10日1746年7月27日))は、三河吉田藩の世嗣。常陸笠間藩のち遠江浜松藩の世嗣だった・松平宗弥の長男。子は娘(富田知真正室)、娘(松平忠福正室)、娘(松平正升正室)。官位は従五位下、壱岐守。

父が死去した翌年に生まれたため、浜松藩第2代藩主を継いだ松平資訓の養子となる。享保15年(1730年)、将軍徳川吉宗御目見し叙任するが、家督相続前の延享3年(1746年)に没した。代わって、資訓の実子である資昌が嫡子となった。