鶴舞藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴舞藩(つるまいはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年遠江浜松藩井上家が6万石余で移封され、1871年廃藩置県まで存続した。藩庁は上総国市原郡石川村(現在の千葉県市原市鶴舞)の鶴舞陣屋(鶴舞城)[1]

徳川宗家の静岡移転にともって房総に移された7藩[注釈 1]の中では最大の石高を有する藩である。

藩史[編集]

関連地図(千葉県市原市付近)

慶応4年/明治元年(1868年)5月、徳川宗家当主徳川家達は新政府から駿府藩主として認められ、70万石の領主として駿河遠江に入ることとなった。これにより既存の駿河・遠江の大名は房総に移されることとなった。遠江浜松藩は6万石で、移転対象となった中で最大の石高を有する藩であり、藩主の井上正直は幕末期に老中・外国御用取扱を歴任した人物であった。

9月21日、浜松藩主井上正直に、代地として上総国市原郡埴生郡長柄郡のうち6万2000石余が与えられることが沙汰された[2]。浜松藩内には移封に対する不満もあり、208か村領民総代として3人の大庄屋が「永城ノ御処置」を太政官に嘆願する事態も発生した[2][3][注釈 2]。なお、移転先となる上総国の村でも、11月に房総知県事(安房上総知県事)役所に対して領主支配に戻さないよう嘆願が出されている[6]

旧浜松藩領の徳川家への引き渡しは、5月に発生した天竜川決壊に対する普請[7][2]や、明治天皇の東幸[2]によって延期された。12月15日になって中泉代官大竹庫三郎への引き渡しが行われている[4]

明けて明治2年(1869年)、荷物は掛塚港から船便で送られた[4]。移住者は士族219戸1188人、卒族552戸2136人という[4]。藩主井上正直は1月27日に浜松から出発、2月11日に新領地に到着[4]。埴生郡長南宿(矢貫村。現在の長生郡長南町長南)に入り[4]、今関家に居を構えて「仮本営」とし[8][9]長福寿寺を仮の藩庁とした[10][9]。房総知県事柴山文平から引き渡された領地は[11][6]、上記3郡に山辺郡を加えた4郡中で6万2000石余であった[4][11](仮藩庁は長福寿寺に置かれたあと、房総知県事が県庁として使用していた浄徳寺に移ったともいう[9])。

長南宿は房総中往還(大多喜往還)の宿場で、江戸時代には在郷町として栄えた町である。当初は長南に藩庁を建設する計画もあったというが[9]、庁舎や家臣の住居を配置するのは手狭であったとされる[9][10]。このため市原郡内田郷石川村地内の桐木原[注釈 3]と呼ばれる荒蕪地の開拓に着手し[10][4](明治2年2月12日付で桐木原への庁舎造営願いが聴許されている[10])、版籍奉還後の明治3年(1870年)4月に藩庁・知事邸(「鶴舞御本営」)や藩士居宅が完成[10]。浜松にあった藩校「克明館」を移転した[12]。「鶴舞」という地名は、鶴が翼を広げたような形から命名されたという[13][10][注釈 4]

鶴舞城下町の新設や道路整備などの大土木工事が興されたため、領民の夫役などの負担は大きかったとされる[15][16]。一方、この地域の多くは江戸時代には旗本知行地であり、産業開発や土木事業は村方に放任されていたため、藩がこれらの事業を意欲的に行ったことには肯定的評価がある[16][注釈 5]。鶴舞藩は短い統治期間中、博奕や奢侈や無断集会の禁止など多くの布達を出すとともに、村々の識見・人格の優れた者を「敷教小助」という役職に任命し、統治の安定を図った[17]。産業振興策としては新田畑の開墾のほか、養豚養蚕の普及を図ったことが着目される[12]

明治4年(1871年)に廃藩置県によって鶴舞県となる。7月14日、井上正直は藩知事を罷免されて東京に去った[12]。同年末には第一次府県統合によって木更津県の一部となった。

歴代藩主[編集]

井上家

譜代雁間 6万石

  1. 井上正直

ゆかりの人物[編集]

浜松出身の国学者村尾元融(1802年 - 1852年)の遺稿『続日本紀考証』全12巻の出版を井上正直が支援し、明治3年(1870年)に鶴舞で出版している[18]

浜松藩の開明的改革を唱え[19]、佐幕派と見られて[20]閉門処分を受けた岡村義理(黙之助)は、国替えの際に赦免されたが鶴舞に同行せず、浜松で生涯を終えた[19]。義理の長男で飯島家を継いだ飯島魁は理学博士・動物学者となり[19]、義理の二男・岡村義昌の子からは岡村輝彦岡村竜彦の兄弟が出た[19](兄弟の妹の光は原嘉道夫人となった[19])。岡村輝彦は鶴舞藩貢進生として大学南校に学び、のちに法律家となって英吉利法律学校中央大学の前身)設立者の一人となった[19]

「日本点字の父」と呼ばれる石川倉次、耳鼻咽喉科学を日本にもたらしたとされる賀古鶴所、明治期の性科学に大きな影響を及ぼした『造化機論』翻訳者である千葉繁(千葉欽哉)[21]も浜松から鶴舞に移った藩士やその家族であった。

城と城下町[編集]

鶴舞城本丸跡の碑

藩庁は陣屋であったが、井上家は城持大名であったために「鶴舞城」と公称した[1]。現代の鶴舞は「日本最後の城下町」と称している[22]

藩庁跡地には小学校(現在の市原市立鶴舞小学校)が建てられた[23]。藩庁跡には鶴舞城本丸跡の碑や、井上正直の像[22]が立てられているほか、周辺には石川倉次の像、伏谷如水清水次郎長の記念碑[注釈 6]など藩ゆかりの記念物がある。

鶴舞は「本格的な町作りが行われた」という評もあり[24]、1889年(明治22年)の『上総国町村誌』には「村は市街たり」と記されている[23]。『上総国町村誌』によれば人口1732人(1886年(明治19年)時点の調査という[25])を数え、市原郡役場鶴舞出張所や千葉警察鶴舞分署[注釈 7]があった[23]。1889年(明治22年)の町村制施行に際し周辺の村とともに鶴舞村を発足させ、1891年(明治24年)1月には鶴舞町となった。郡内では郡庁所在地の八幡町に次いで2番目に町制をおこなった町である。鶴舞町は昭和の大合併で南総町となり、ついで市原市に編入された。

廃藩時点の領地[編集]

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 駿河沼津藩→上総菊間藩(5万石)、駿河小島藩桜井藩(1万石)、駿河田中藩→安房長尾藩(4万石)、遠江相良藩→上総小久保藩(1万石)、遠江掛川藩→上総松尾藩(5万石)、遠江横須賀藩→安房花房藩(3万5000石)、浜松藩→鶴舞藩(6万石)
  2. ^ 浜松藩は藩主の交代が頻繁であったが、井上家は中断をはさみ5代80余年間にわたって在城していた[4][5]
  3. ^ 桐木原は「きりぎのはら」[10]、「きりきはら」[4]と読まれ、「桐木台(きりのきだい)」[1]と記すものもある。
  4. ^ もともと「鶴舞谷」という地名があり、これを採って桐木台全体を「鶴舞」(鶴舞台)と命名したともいう[14]
  5. ^ 『長柄町史』は鶴舞藩の施政について「房総諸藩・県の中では最も積極的に産業振興政策を打出している」[12]「鶴舞に町をつくり、これに通ずる道路を開発したことは、永久に記念さるべき功績であろう」[16]としている。
  6. ^ 伏谷は浜松藩家老で、新政府(東征大総督府)から駿府差配に任じられた際に次郎長を起用した。その後鶴舞に移住して当地で没した。
  7. ^ 市原警察署の前身のひとつ。

出典[編集]

  1. ^ a b c 川名登. “鶴舞藩”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2021年9月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 井上氏の移封”. 浜松市史 三(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  3. ^ 所替反対の歎願”. 浜松市史 ニ(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 藩領引渡”. 浜松市史 三(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  5. ^ 浜松城と家康”. 浜松市史 ニ(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  6. ^ a b 房総知県事”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  7. ^ 大名領 浜松藩 井上氏勤王誓約”. 浜松市史 三(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  8. ^ 文化財・記念物”. 長南町. 2021年9月22日閲覧。
  9. ^ a b c d e 風間俊人 (2006-12). “ちょうなん歴史夜話 井上藩仮本営跡”. 広報ちょうなん (長南町) (353): 7. http://150.60.131.50/wp-content/uploads/2011/08/0612.pdf 2021年9月22日閲覧。. 
  10. ^ a b c d e f g 鶴舞御本営の造営”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  11. ^ a b 鶴舞藩”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  12. ^ a b c d 産業の振興”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  13. ^ 市原市内の地名の由来は?”. 市原市 (2019年8月2日). 2021年9月22日閲覧。
  14. ^ 千葉県市原郡教育会 1916, p. 1227.
  15. ^ 年貢と諸役”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  16. ^ a b c 石川村助請(じょせい)”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  17. ^ 鶴舞藩・県の諸禁令”. 長柄町史(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  18. ^ 村尾元融”. 浜松市史 ニ(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  19. ^ a b c d e f 飯島魁 岡村輝彦 岡村竜彦”. 浜松市史 ニ(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  20. ^ 藩論決定の事情”. 浜松市史 ニ(ADEAC所収). 2021年9月22日閲覧。
  21. ^ 赤川学. “『造化機論』の千葉繁─幻の性科学者にとっての近代”. 2021年9月21日閲覧。
  22. ^ a b 歴史と桜のまち鶴舞”. 市原市 (2021年4月1日). 2021年9月22日閲覧。
  23. ^ a b c 小沢治郎左衛門 1889, p. 34.
  24. ^ 中島義一 1969, p. 229.
  25. ^ 中島義一 1969, p. 220.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
上総国
(藩としては浜松藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年 (鶴舞藩→鶴舞県)
次代:
木更津県