鶴舞藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鶴舞藩(つるまいはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した1868年遠江浜松藩の井上家が6万石で移封され、1871年廃藩置県まで存続した。藩庁は上総国市原郡(現在の千葉県市原市鶴舞)の鶴舞陣屋。

藩史[編集]

明治維新により、徳川家に駿河遠江70万石が安堵されたことにより、既存の駿河・遠江の大名は上総に移封されたが、浜松藩の前藩主井上正直が上総鶴舞に移されて立藩した。正直が鶴舞藩知事として廃藩置県を迎える。

歴代藩主[編集]

井上家[編集]

譜代、雁間 6万石

  1. 井上正直<従四位下河内守・侍従>

廃藩時点の領地[編集]

なお、いずれも相給が存在するため、村数の合計は一致しない。

関連項目[編集]

先代:
上総国
(藩としては浜松藩
行政区の変遷
1868年 - 1871年
(鶴舞藩→鶴舞県)
次代:
木更津県