青山忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山忠雄
時代 江戸時代前期
生誕 慶安4年7月22日1651年9月6日
死没 貞享2年8月8日1685年9月6日
戒名 広巌紹濶凌松院
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺町の大徳寺
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
遠江浜松藩
氏族 青山氏
父母 青山宗俊、石橋氏
兄弟 忠丸、忠雄忠重貞俊忠貴
永井尚長正室
真田信政
忠重
テンプレートを表示

青山 忠雄(あおやま ただお)は、江戸時代前期の大名遠江国浜松藩2代藩主。官位従五位下和泉守。青山家宗家4代。

略歴[編集]

慶安4年(1651年)、のちの浜松藩初代藩主・青山宗俊の次男として信濃国小諸城で誕生。

寛文3年(1663年)12月28日に従五位下・和泉守に叙位・任官する。延宝7年(1679年)、父が死去したため家督を継いだ。

貞享2年(1685年)8月8日に死去。享年35。跡を弟で養子の忠重が継いだ。

系譜[編集]