芳春院 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芳春院
DaitokujiHosyunin.jpg
山門
所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町55
位置 北緯35度2分43秒 東経135度44分42.3秒 / 北緯35.04528度 東経135.745083度 / 35.04528; 135.745083座標: 北緯35度2分43秒 東経135度44分42.3秒 / 北緯35.04528度 東経135.745083度 / 35.04528; 135.745083
宗派 臨済宗大徳寺派
寺格 大徳寺塔頭
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 慶長13年(1608年)
開基 芳春院玉室宗珀(開祖)
文化財 絹本著色多賀高忠像・大燈国師墨跡(重要文化財)、呑湖閣・霊屋ほか(京都府指定有形文化財)
法人番号 9130005001204
テンプレートを表示

芳春院(ほうしゅんいん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。同派大本山大徳寺塔頭である。大徳寺の塔頭の中では最も北に位置する。通常は公開されていない。

歴史[編集]

慶長13年(1608年)に玉室宗珀(ぎょくしつそうはく)を開祖として加賀百万石の祖・前田利家の夫人・松子(まつ、芳春院)が建立。法号をとって芳春院と名付け、前田家の菩提寺とした。寛政8年(1796年)の火災により創建当時の建物が焼失するが、二年後に前田家十一代の前田治脩によって再興された[1]明治期には廃仏毀釈の嵐の中で荒廃するが、明治8年(1875年)になってようやく復興される。

建造物[編集]

  • 昭堂(呑湖閣)
本堂背後に建つ2層の楼閣建築。元和3年(1617年)に横井等怡(とうい)が小堀政一(遠州)に諮り創建した[2]。現在の建物は露盤宝珠銘から文化12年(1815年)の再建と判明する[3]金閣銀閣飛雲閣と並び京の四閣と称されている。京都府指定有形文化財。
  • 霊屋
松子、利長、利常の前田家霊屋がある。京都府指定有形文化財。
  • 本堂(方丈
  • 茶室 落葉亭、松月軒、如是庵

庭園[編集]

  • 方丈前庭(花岸庭)
山渓から流れ出る水がやがて大海に帰る自然の大らかさを表現したものといわれる。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 絹本著色多賀高忠像(享徳元年九月日養叟賛)
  • 大燈国師墨跡(二行書)

京都府指定有形文化財[編集]

  • 霊屋(芳春院)
  • 霊屋(瑞龍院)
  • 昭堂(呑湖閣)
  • 打月橋
  • 表門
  • 墓参門

その他[編集]

アクセス[編集]

JR京都駅より京都市バス・大徳寺前(約30分)下車、徒歩約10分

脚注[編集]

  1. ^ 『日本歴史地名大系 京都市の地名』 p.480、『昭和京都名所図会 5 洛中』 p.130
  2. ^ 『日本歴史地名大系 京都市の地名』、p.480
  3. ^ 京都府生涯学習・スポーツ情報

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 京都市の地名』 平凡社、1979年
  • 竹村俊則 『昭和京都名所図会 5 洛中』 駸々堂、1984年