芳春院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾山神社:芳春院の石碑

芳春院(ほうしゅんいん、天文16年7月9日1547年7月25日) - 元和3年7月16日1617年8月17日))は、戦国時代から江戸時代初期にかけての女性。加賀国石川県)の戦国大名前田利家の正室。名はまつ篠原一計の子。戒名は芳春院殿花巖宗富大禅宗定尼。母が利家の母の姉であるため、利家とは従兄妹関係にあたる。学問や武芸に通じた女性であった。

生涯[編集]

天文16年(1547年)、 尾張国海東郡(現在の愛知県あま市)に篠原一計の娘として生まれた。

天文19年(1550年)に父・一計が死去し、母が尾張守護斯波氏の家臣・高畠直吉と再婚すると、まつは母の妹が嫁いでいる尾張荒子城主・前田利昌に養育されることになった。

永禄元年(1558年)、数え12歳で利昌の子で従兄弟にあたる前田利家に嫁ぐと、

など2男9女を産む。なお、女性1人が産む子供の数が多かった戦国時代にあっても11人の実子がいる女性は稀有であり、記録が残る限りでは、伊達晴宗の正室久保姫と並んで最も数が多い。

天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦い柴田勝家方に与した利家が敗走した際、越前府中で羽柴秀吉に会って和議を講じて利家の危機を救った。また、天正12年(1584年)、佐々成政末森城を強襲された際には、蓄財に努めていた利家に対し「金銀を召し連れて槍を突かせたら」と皮肉って鼓舞した。

慶長4年(1599年)に利家が病死すると出家し、芳春院と号する。

慶長5年(1600年)、前田家に徳川家康から謀反の嫌疑がかけられた際には、交戦を主張する利長を宥め、それを解消させるため自ら人質となって江戸に下り、14年間をそこで過ごした。なお江戸に護送される手配を前田玄以長束正家増田長盛の年寄が行っており、家康の大名統制策は内付・五奉行体制に基づいており、その構成員を動員している。この場合の公儀の拠り所は秀吉遺言覚書であり、これによって家康の公儀としての性格を裏付けることが可能となるから、家康の一方的な権力の乱用とは必ずしも言えないのである[1]。換言するならば、芳春院は公人として、豊臣政権の大老の生母としての扱いを受けながら江戸入りに至ったことを知らしめるものである[2]。この間、関ヶ原の戦いで西軍についた次男・前田利政の赦免や、養育していた利孝の大名取り立てを江戸幕府に直訴するなど前田家のために奔走する。ところが、利政の赦免の約束は土壇場で反故にされ、ショックから重体となり、幕府の命により伊勢で保養。金沢へは立ち寄りすら認められず、慶長19年(1614年)に長男・利長が死去すると、ようやく金沢へ帰国できた。なお、後に江戸幕藩体制において諸大名妻子の江戸居住制が確立するが、芳春院はその第一号となる。

元和3年(1617年)に金沢城内で死去、享年71。墓所は金沢市野田山墓地京都市北区大徳寺芳春院(分骨)。

高台院との関係[編集]

豊臣秀吉の正室高台院(ねね、おね、北政所)とは懇意の間柄であったことで知られる。

  • 清洲城城下に住んでいた頃から親交があり、利家との婚姻では仲人の役割りを果たしたと伝わる[3]
  • 秀吉の母・なか(大政所)とも懇意の仲であり、なかの畑の手伝いをしたり、なかが栽培した野菜をまつに自ら届けたりもしたという。
  • 子供のいない秀吉夫妻のために、豪姫を養女にさせた。未だ数えの二歳(満一歳)の子供を手放したことから、おねとの信頼関係が強かったことがよく分かる[4]
  • 利家が賤ヶ岳の戦いにおいて柴田勝家方について敗れると、秀吉と和議を持つため越前府中において会談し、和睦を許される。
  • 蒲生氏郷死後の蒲生家の跡目相続について、利家が秀吉に氏郷の子・鶴千代(後の蒲生秀行)にするよう話を進め了承されていた。これが反故になり、怒った利家が大坂城への出仕を拒否したため秀吉と不仲となった。これを見かねたまつが北政所の元に赴き、利家との約束の履行を求めた結果、鶴千代の跡目相続が決着した。
  • 利家が豊臣秀頼の傳役となったことから、まつは秀頼の乳母の地位を得る。醍醐の花見でも秀吉の妻妾と共に列席するなど、乳母の地位にあったので主賓の一人となった[5]。この花見での松の丸殿淀殿の杯の順序での仲裁を行う。

芳春院を主題とした作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮本義己「徳川家康の豊臣政権運営―「秀吉遺言覚書」体制の分析を通して―」、『大日光』74号、2004年。
  2. ^ 宮本義己「前田利家夫人―芳春院―」(小和田哲男編『戦国の女性たち』、p.147-148、河出書房新社、2005年)
  3. ^ 宮本義己「前田利家夫人―芳春院―」(小和田哲男編『戦国の女性たち』、p.138、河出書房新社、2005年)
  4. ^ 宮本義己「前田利家夫人―芳春院―」(小和田哲男編『戦国の女性たち』、p.141-142、河出書房新社、2005年)
  5. ^ 田端泰子『北政所おね―大坂の事は、ことの葉もなし―』、p.180-181、ミネルヴァ書房、2007年8月。