青山氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

青山氏(あおやまし、あおやまうじ)は、日本氏族

  1. 織田氏、のち前田氏の家臣の一族。青山信昌(与三右衛門)や加賀藩青山吉次が出た。
  2. 豊臣氏の家臣の一族。青山宗勝が出た。
  3. 徳川氏の家臣の一族。以下で解説。


青山氏 (徳川家臣)[編集]

青山氏
家紋
むじせん
無地銭[1]
はぎく
葉菊[1]
本姓 藤原北家花山院流支流
家祖 青山忠治
種別 武家
華族子爵[1]
出身地 上野国吾妻郡青山郷
主な根拠地 三河国額田郡百々[1]
著名な人物 青山忠成
凡例 / Category:日本の氏族

藤原北家花山院流江戸時代譜代大名でたびたび幕府の要職にも就いた。


概要[編集]

祖先は上野国吾妻郡青山郷(現・群馬県吾妻郡中之条町青山)の出身で、その後、三河国額田郡百々(どうどう)村(現・愛知県岡崎市百々町)に土着し、百々城を拠点として松平氏に仕えたとされる。記録上の初見は松平広忠とその子元康(家康)に仕えた忠門であり、その子忠成秀忠の側近として近侍。関ヶ原の戦い後、加増され大名に列した。

宗家江戸時代を通じ、大坂城代老中などの幕府要職に就き、常陸国江戸崎武蔵国岩槻信濃国小諸遠江国浜松丹波国亀山など転封を繰り返したが、1748(寛延元)年丹波国多紀郡篠山(現・兵庫県篠山市)に移封され、6万石で維新を迎えた(→ 篠山藩)。

忠成の四男幸成の系統は美濃国郡上郡八幡(現・岐阜県郡上市)に4万8,000石を領した(→ 郡上藩)。

両家とも廃藩後は子爵となった。家紋は無字銭、葉菊。

安祥譜代7家[編集]

柳営秘鑑にある徳川(安祥松平)最古参の安祥譜代7家の1つであり、そこには次のようにある。

「一、三河安祥之七御普代、酒井左衛門尉、元来御普代上座大久保本多、元来田ニ作(?)、中興ニ至テ美濃守故有之多ニ改。阿部石川、青山、植村、右七家を云」

青山通り[編集]

東京都、青山地区の名称は、青山氏の江戸屋敷があったことを由来としている。青山通りの北面に宗家、南面に分家の下屋敷があったという。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

系譜参考[編集]