青山忠重 (戦国武将)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山忠重
時代 戦国時代
生誕 大永5年(1525年
死没 元亀2年4月2日1571年5月5日
別名 牛之助、牛大夫
戒名 浄清
墓所 大林寺(愛知県岡崎市
主君 徳川家康
氏族 青山氏
父母 青山忠世
兄弟 忠門重成忠重青木俊成
養子:成重

青山 忠重(あおやま ただしげ)は、戦国時代武将徳川家康の家臣。

生涯[編集]

永禄3年(1560年桶狭間の戦いに従軍。永禄6年(1563年三河一向一揆平定のために西三河を転戦。元亀元年(1570年越前手筒山城攻めに先陣として従軍。元亀2年(1571年遠江国内の一揆が岡崎城を攻撃した際、兄忠門らとともに岩津に出陣してこれを撃退したが、敗走する一揆衆を追撃する最中に討ち死にする。

参考文献[編集]