青山成重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山成重
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文18年(1549年
死没 元和元年9月7日1615年10月19日
別名 七右衛門
官位 図書助
幕府 江戸幕府老中
主君 徳川家康
下総飯田藩
氏族 青山氏服部氏
父母 父:服部正信、母:青山忠教
兄弟 正尚成重
正室:常岡当自
成次浅羽幸正
養子:成国大久保長安の子)
テンプレートを表示

青山 成重(あおやま なりしげ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名江戸幕府老中服部正信(平蔵)の次男。

略歴[編集]

元亀2年(1571年)、母の従兄の青山忠重が戦死し、子がなかったため、主君徳川家康の命で青山氏を継ぐ。

徳川秀忠の後見役となり、天正18年(1590年)の家康関東入封の際に下総国香取郡に3000石を与えられた。慶長6年(1601年)に2000石を加増、さらに慶長8年(1603年12月25日に下総内において5000石を加増され、石高が1万石に達したため下総飯田藩を立藩した。

慶長13年(1608年)、老中に就任するが、大久保長安の子成国を養子にしたことから、慶長18年(1613年)の大久保長安事件に連座し、罷免、改易される。7000石を減知され、飯田の地に蟄居した。大坂の陣では本多正信に供奉を懇請して武功を挙げて挽回を図ろうとしていたが、結局赦免されることのないまま死去した。

3000石は成重が赦免されず死去したため、収公となったが、改めて嫡男・成次に新知1000石が与えられ、子孫は旗本として存続する。成次の子成政の代に1200石となり、4代あとの成存勘定奉行になっている。