青山重成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山重成
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永元年(1521年)頃
死没 天正9年8月11日1581年9月18日
別名 善四郎、惣右衛門
戒名 道西
墓所 大林寺(愛知県岡崎市
主君 松平広忠徳川家康
氏族 青山氏
父母 青山忠世
兄弟 忠門重成忠重青木俊成
小林又左衛門の娘
正長重次正成

青山 重成(あおやま しげなり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将徳川氏の家臣。

生涯[編集]

松平広忠徳川家康の2代に仕える。小豆坂の戦い桶狭間の戦いに兄忠門とともに従軍。永禄6年(1563年三河一向一揆平定にも忠門らとともに武功を立てた。

参考文献[編集]