青山忠誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青山 忠誠(あおやま ただしげ、安政6年2月19日1859年3月15日) - 明治20年(1887年7月23日)は、篠山藩第5代藩主青山忠良の十男で、明治時代華族子爵)。陸軍軍人で数少ない華族出身の将校の1人。幼名鋪之丞、環峰と号する。室は土屋寅直の娘。養子に青山忠充(ただこと、弟青山忠惇の子)。

生涯[ソースを編集]

江戸で生まれ、明治6年(1873年)5月に兄の青山忠敏が没し嗣子がないため家督を継ぐ。明治7年9月陸軍幼年学校に入学する。明治13年(1880年)5月に陸軍士官学校(旧3期)を卒業し、陸軍歩兵少尉に任官する。同年11月土屋寅直の娘民子と結婚する。明治17年(1884年)子爵となり、明治18年(1885年)5月、陸軍歩兵中尉に昇進する。明治20年(1887年)29歳という若さで没す。明治25年(1892年)11月7日、正四位を追贈された。

旧領の子弟教育に力を注ぐ[ソースを編集]

明治9年(1876年)12月忠誠は、旧藩士の子弟教育の為に旧臣安藤直紀らに命じて私立篠山中学年舎をつくった。この際、福沢諭吉に相談をし紹介により講師も招いている。明治10年(1877年)1月これを篠山城内堀内令順宅を5000円の私財を投じて購入して拡張し「私立篠山中年学舎」と改称した。明治11年(1878年)に公立篠山中学校となり、明治16年(1883年)に校舎が全焼する事態に見舞われたが、旧篠山城内堀内令順第2家宅を購入し再建した。明治17年(1884年)、中学校設備規則発布により廃校の方針となった為に、忠誠ほか基金も募り、明治18年(1885年)8月に許可を得て私立鳳鳴義塾とし存続をさせた。また、東京にも進学の為の寄宿舎尚学館をつくり優秀な者は遊学させた。忠誠の死後、志は養子の青山忠充が継ぐこととなる。

関連項目[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]