デカンショ節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デカンショ節に合わせて踊るデカンショ祭り

デカンショ節(でかんしょぶし)は、兵庫県篠山市を中心に盆踊り歌として歌われる民謡であり、学生歌としても広く歌われた。篠山節、篠山デカンショ節ということもある。篠山市無形文化財[1]

2015年(平成27年)4月24日、文化庁により日本遺産の最初の18件の一つとして「丹波篠山 デカンショ節―民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」が選ばれた[1]

歴史[編集]

江戸時代から篠山市域で歌われていた「みつ節」が変形したものであると伝えられている。大正時代には、デッコンショ節などとも呼ばれていたようだが、次第にデカンショ節という名称に収斂していった。

デカンショ節が学生歌として全国に普及したきっかけとして、以下のような伝承がある。

篠山藩主の青山家は、明治維新後は学問を奨励し、篠山に鳳鳴義塾等の私立の中学校を作り、その中の優秀な者を東京に寄宿舎を作り遊学させた。

篠山からの遊学生は、例年、夏には千葉県八幡の浜で過ごしていた。明治31年(1898年)の夏、宿泊先の江戸屋の二階で元藩主青山忠誠の養子青山忠允をはじめとする篠山出身の若者達が郷土の盆踊り歌を蛮声を張り上げうたっていた。それをたまたま階下に宿泊していた旧制一高の水泳部員の塩谷温達がこの歌を聞きとめ、たちまち気に入ったという。

そこで、一高水泳部員達は、篠山出身の若者たちに付添っていた亘理章三郎(後の東京高等師範学校教授)などから歌の指導をうけ、意気投合した。それを、東京に戻ってからも歌った。これによって多くの学生や若者の共鳴を受けて愛唱されるようになり、全国に広まった。また、デカンショ節の歌詞の多くを亘理章三郎が作成したという伝承もある。

篠山市域での盆踊り歌は、みつ節が衰退し、播州音頭などが中心になっていた。そこへ学生歌として高唱されていたデカンショ節が逆輸入される。戦後は、観光資源としてデカンショ祭をはじめとして積極的に利用されるようになる。これによって、現代ではデカンショ節は篠山市を代表する民謡となっている。

大正時代の普選運動で作られた「デモクラシー節」なる替え唄も存在し、近年、チンドン楽団のソウル・フラワー・モノノケ・サミットがアルバム『アジール・チンドン』で取り上げている。

歌詞[編集]

デカンショ節は学生歌として広く歌われていたこともあって、さまざまな歌詞が創作され伝わっている。また、デカンショ節の節回し(七・七・七・五、都々逸に同じ)にさえ合うならば、どのような歌詞の創作も可能である。

デカンショ節は学生歌という経歴を持つことから、かけ声の「デカンショ」は、「デカルト」「カント」「ショーペンハウエル」の略であるという良く知られた説もある。他に「出稼ぎしよう」の意味であるなど、諸説ある。 兵庫県篠山市ホームページのデカンショ節考によると、篠山町七十五年史で上記の「デカルト」「カント」「ショーペンハウエル」の略であるという説が正しいであろうと述べているが、篠山町百年史[2]では、様々な説があるが、デカンショという言葉は掛け声にすぎないとしてこの説を推しているわけではない。デカンショの意味については、デカルト・カント・ショーペンハウアー説を附会説とするものや[3]、「デコンショ」という盆踊り歌からきたという説明[4][5]、あるいは「ドッコイショ」の転訛、「出かせぎしょ」「デゴザンショ」の意味をもつという説を紹介するものがある[3][5]。また、旧味間村の農婦の哀歌(糸紡ぎ歌)「てこんしょてこんしょで半年ァ暮らす、あとの半年ァ泣いて暮らす」が、前述の水泳部員たちによって広まったとの説明もある一方[3]、この歌詞を灘の酒造りに半年出稼ぎする杜氏を指すとしたものもある[4]

現在、篠山市域で広く歌われている歌詞は以下のように丹波の風物をよみこんだものである。

  デカンショデカンショで半年暮らす アヨイヨイ 

    あとの半年ねて暮らす ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ 

  丹波篠山山家の猿が アヨイヨイ 

    花のお江戸で芝居する ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ 

  酒は飲め飲め茶釜でわかせ アヨイヨイ

    お神酒あがらぬ神はなし ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ 

  灘のお酒はどなたが造る アヨイヨイ

    おらが自慢の丹波杜氏 ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ

  雪がちらちら丹波の宿に アヨイヨイ

    猪がとびこむ牡丹鍋 ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ

  丹波篠山鳳鳴の塾で アヨイヨイ

    文武きたえし美少年 ヨーオイ ヨーオイ デッカンショ

参考文献・出典[編集]

  • 前川澄夫『デカンショ節考』(丹波古陶館、1981年)
  1. ^ a b 神戸新聞NEXT「日本遺産、18件初認定 丹波篠山のデカンショ節など」
  2. ^ 篠山町史編集委員会編『篠山町百年史』(篠山町、1983年)
  3. ^ a b c 町田嘉章・浅野健二編著「日本民謡集」岩波書店〈岩波文庫〉、1977年、270頁
  4. ^ a b 服部龍太郎『日本民謡集』社会思想社〈現代教養文庫〉、1979年、319頁
  5. ^ a b 毎日出版企画社編『日本の民謡史-「北海盆歌」から「安里屋ユンタ」まで』毎日出版社〈別冊 一億人の昭和史〉、1979年、202頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]