青山忠成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青山忠成
時代 戦国時代 - 江戸時代
生誕 天文20年8月6日1551年9月6日
死没 慶長18年2月20日1613年4月10日
官位 従五位下常陸播磨
幕府 江戸幕府町奉行、関東総奉行、老中
主君 徳川家康秀忠
常陸江戸崎藩
氏族 青山氏
父母 父:青山忠門、母:卯野某娘
正室:天方通興
忠次忠俊朝比奈泰重幸成
天方通直川口近次

青山 忠成(あおやま ただなり)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名江戸幕府町奉行老中常陸国江戸崎藩初代藩主。青山家宗家初代。

経歴[編集]

青山氏は三河国額田郡百々村(現在の愛知県岡崎市百々町)出身の国人で、忠成の父・忠門(青山忠世の子)が松平広忠徳川家康に仕えたことから記録に残る。忠成は若年期から家康に近侍していたが、元亀2年(1572年)、父が武田信玄との戦いで討死したために家督を継いだ。

家康の信任は厚く、天正13年(1585年)には家康の3男秀忠の傅役に命じられた。天正16年(1588年)には秀忠に従って上洛、豊臣秀吉によって従五位下常陸介に叙任されている。さらに天正18年(1590年)、家康が関東に移封されると江戸町奉行に任命され、5,000石(文禄元年(1593年)には2,000石加増)の領地を与えられた。また、原宿村を中心に赤坂の一部から上渋谷村にかけての広い屋敷地を賜っており、現在の東京都青山の地名は、屋敷地の一部であったことが由来といわれている。なお一時期、青山氏が改易された際に屋敷地も没収され、広大な土地には毛利氏の別邸など大名屋敷が林立することとなったが、後に大名として復帰した際にも以前ほどではないものの小大名とは思えないほど広大な敷地を有していた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては秀忠の軍に従軍し遅参したものの、翌慶長6年(1601年)に常陸江戸崎1万5,000石の所領を得ている。さらに江戸奉行・関東総奉行を兼任し、江戸開府後も本多正信内藤清成と共に老中として幕政において重きをなした。慶長11年(1606年)、内藤と共に一時蟄居を命ぜられているがすぐに赦免されている。同年1万石を加増され、所領は2万5,000石となった。

慶長18年(1613年)、63歳で死去し、跡を次男・忠俊が継いだ。

関連項目[編集]

登場作品[編集]