初鹿野信興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

初鹿野 信興(はじかの のぶおき 寛保5年(1745年) - 寛政3年12月20日1792年1月13日))は、江戸時代旗本。又八、伝右衛門。官位は従五位下河内守依田政次の三男で、初鹿野信彭の婿養子。後妻は長田元鋪の娘。知行地は武蔵国土呂村など。

来歴[編集]

明和8年(1771年)に家督を継承、小姓組番士となり、安永8年(1779年)、使番となり布衣を着すことを許された。天明5年目付となり、天明7年浦賀奉行となる。天明8年(1788年)9月10日、江戸北町奉行となり、12月16日従五位河内守に叙任された。寛政3年、町奉行在職のさなか48歳で没した。婿養子の信敏(初鹿野信定三男)は失心して自殺し、養子の英信(初鹿野信照長男・書院番、使番を歴任)が家督を継いだ。

出典[編集]