彦坂元正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
彦坂元正
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不明
死没 寛永11年1月8日1634年2月5日
改名 元成(初名)→元正
別名 小刑部
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康
氏族 彦坂氏
父母 父:彦坂光景
兄弟 元正宗有
元綱

彦坂 元正(ひこさか もとまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武士代官頭。

経歴[編集]

三河国国人今川義元に仕えた彦坂光景の嫡男として誕生。今川氏没落後に徳川家康に仕えた父と共に、代官として活躍した。天正11年(1589年)には、当時の徳川氏が領した三河・遠江国駿河国甲斐国信濃国の総検地を奉行として取り仕切り、翌年の後北条氏滅亡後に関東に入府した家康に従い天野康景板倉勝重らと共に江戸町奉行に任じられ、江戸の発展に貢献し、主に検地や街道整備を担当した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは大久保長安伊奈忠次ら三目代の一人として小荷駄奉行を担当するなどし後方支援を行った。戦後石田三成の居城佐和山城の引渡し、毛利氏の支配した石見国銀山の接収なども行っている。江戸幕府成立後、大久保長安、伊奈忠次、長谷川長綱らと関東代官に任ぜられ、相模国岡津(現神奈川県横浜市泉区)に陣屋(岡津陣屋)を置き、主に東海道方面の幕府直轄領を管轄した。あわせて伊豆国の金山の奉行にも任ぜられたが、こちらではあまり大きな活躍は見せていない。

慶長6年(1601年)に東海道を制定した際には、各宿場の巡検などを行い、大久保長安と共に一里塚や伝馬の整備に尽くした。「御伝馬之定」には大久保長安、伊奈忠次らと共に連署に名を残している。このように民政において多大な功績を残し一定の開発業務の完了後、家康の下において信頼を得たが、慶長11年(1606年)に罷免を受け、子・元綱、弟・宗有らと共に改易、退役させられた。退屈な管理業務を他役人に引き継がせていたとされ、また代官所での貢金不正が理由とされるが、詳しくは不明である。

元正と同様に徳川家康に奉行として仕えた彦坂光正は同族である。