松平忠冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松平 忠冬(まつだいら ただふゆ、寛永元年(1624年) - 元禄15年5月1日1702年5月27日))は、江戸時代前期の幕臣松平忠隆の次男。子に忠成忠頼、娘(天野昌孚室)がいる。

延宝3年(1680年)から南町奉行勘定奉行側衆などを歴任した。寛文5年(1665年)に「家忠日記増補追加」を、貞享元年(1684年)に2代将軍徳川秀忠の事跡「東武実録」を編纂した。