松平忠冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠冬(まつだいら ただふゆ、寛永元年(1624年) - 元禄15年5月1日1702年5月27日))は、江戸時代前期の幕臣深溝松平家松平忠隆の次男。子に忠成忠頼、娘(天野昌孚室)がいる。

延宝3年(1680年)から南町奉行勘定奉行側衆などを歴任した。寛文5年(1665年)に「家忠日記増補追加」を、貞享元年(1684年)に2代将軍徳川秀忠の事跡「東武実録」を編纂した。

墓所は赤坂種徳寺戒名は直心院殿従五位下前布護傳菴宗単大居士。墓石の右面には「元禄十五壬午年五月朔日 松平隼人正源忠冬之墓」と刻み、左面には「文化丙寅年三月朔日 松平長門守忠寧再建之謹書」と刻む。また、忠冬以降[1]の墓碑は明治10年12月に、11世松平長八郎により合葬され、「先祖以降家属合塔」となっている。これにより、墓石は、忠冬のものと、この合塔の二つだけとなった。また、これらの墓石の前には家臣と思われる、戸方氏と高松氏の墓石も見ることができる。なお、最後の当主長八郎は明治時代には弁官附を務めていたようである[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]