依田政次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
依田政次
時代 江戸時代中期
生誕 元禄16年(1703年
死没 天明3年7月14日1783年8月11日
官位 和泉守
幕府 江戸幕府 大目付
主君 徳川吉宗家重家治
氏族 依田氏
父母 父:依田政有、母:小幡重世
山村良考
後室:宮城武和
政峯山本勝明初鹿野信興(三男)など

依田 政次(よだ まさつぐ)は、江戸時代中期の旗本大目付

経歴[編集]

元禄16年(1703年)、書院番依田政有の嫡男として誕生。

享保元年(1716年)、14歳の時に8代将軍徳川吉宗に拝謁、享保10年(1725年)に小姓組に入り、小納戸徒士頭と昇進し、目付になる。そこから作事奉行を経て、能勢頼一の後任として宝暦3年(1753年)に北町奉行に就任し、明和6年(1769年)まで務めた後、さらに大目付へと栄進し、同時に加増されて1100石の知行を得た。

晩年は留守居役となり、大奥の監督に尽力したが、大奥の女中達と反目し、天明2年(1782年)に老齢を理由に致仕。

天明3年(1783年)、死去。享年81。

北町奉行在任中には山県大弐藤井直明竹内敬持らが策動したとされる明和事件の解決に手腕を振るい、彼らに死罪、獄門、遠島などの処分を下した。他にも、札差と旗本の間で生じた対立が激しくなったた際に仲介を務め、一方で踏み倒しや不正な取立てを行う者に対しては徹底した調査を行って厳罰に処し、不正の横行を抑止することに尽力した。

出典[編集]