依田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
依田氏
No image available.svg
本姓 清和源氏満快流
家祖 依田為実
種別 武家
出身地 信濃国小県郡依田庄
主な根拠地 信濃国ほか
著名な人物 依田実信
支流、分家 芦田氏武家
相木氏武家
平尾氏
ほか[1]
凡例 / Category:日本の氏族

依田氏(よだし)は、信濃国の武家の氏族。『尊卑分脈』によると清和源氏多田源氏満快流(源満仲の弟)。依田は小県郡依田庄に由来する。

出自[編集]

源満快の曾孫の源為公信濃守となり、現在の長野県上伊那郡箕輪町上ノ平に居館を構え、主に南信濃に広がる信濃源氏の祖となった。依田氏の祖は為公の六男「依田六郎為実」とされ、東信濃の小県郡依田城を築いて本拠地とした。

文治2年(1185年源頼朝が全国に守護地頭職を置いた際、為公の六男「六郎為真」が依田庄地頭として入部したとする説もある[要出典]。(この説では、後述する源義仲との関係が不明)

また、佐久郡大井庄の地頭岩村田大井氏小笠原氏の支流)の分流とする説もある[要出典]

概略[編集]

為実の子の依田次郎実信治承4年(1180年源義仲に依田城を明け渡し、義仲は依田城にて挙兵する。依田氏も他の信濃武士と共に源義仲軍に加わり上京するが、源義仲の敗北と共に没落。依田庄を失って一族は各地に散ったとされる[要出典]。一部は近隣の飯沼の地に残留して飯沼氏と称した。依田氏と義仲については、初代の依田為実の母が源義賢(義仲の父)の娘だった縁とされる[要出典]

鎌倉時代の依田氏については、詳細が不明なままとなっている。得宗家の家臣として勢力を回復したとする説や、南北朝初期(1330年)頃、飛騨国依田義胤が依田庄を奪回したとする説がある。どちらにせよ当初から足利方にくみしていたことは確かで、応安6年(1373年)に依田左近太夫入道元信が、信濃武士で唯一、幕府評定衆に加えられた記録が残されており、初期の室町幕府内では重用されていたと推定されている[要出典]

信濃国内では、依田庄から丸子郷に進出し、さらに南朝にくみした望月氏の衰退に乗じて、立科方面にまで勢力を拡大するが、永享8年(1436年)には依田(芦田)下野守が鎌倉公方足利持氏と通じた理由で将軍足利義教方の守護小笠原政康に討たれ、佐久郡の豪族大井持光との抗争に敗れて傘下に下る。文明16年(1484年)、村上政清により大井城が落城して大井宗家が滅亡。この後の依田氏については、詳細は不明ながら村上氏に属して半自立化したと思われる。

天文10年(1541年)、海野平の戦いで敗退した海野棟綱の後ろ盾であった関東管領上杉憲政の軍が佐久に侵攻、芦田郷を荒らす事件が起こるが、この時に依田氏(芦田氏)が芦田郷を領していたかは不明。その後依田(芦田)信守の代に諏訪氏の傘下に入ったとされるが[要出典]、天文11年(1542年)には諏訪氏は武田氏に滅ぼされ、翌天文12年(1543年)に武田氏の佐久侵攻で臣従、以後信濃先方衆として活躍する。

その子依田信蕃の代に武田氏が滅亡、当時駿河国の田中城に居た信蕃は城を明け渡し、徳川氏の庇護下に身を寄せる。本能寺の変により信濃の織田勢力が瓦解し、旧武田領が徳川・北条・上杉の争奪地となると(天正壬午の乱)、信蕃は当初は北条氏に属し、その後徳川氏に属して佐久地方で活躍。当初北条方であった真田昌幸を徳川方に寝返らせるなどの功績で、佐久・諏訪の二郡を与えられ小諸城代となる。しかし、佐久で唯一残った北条方の岩村田大井氏が立て篭もる岩尾城攻めで、弟の信幸と共に戦死を遂げる。

天正12年(1584年)に信蕃の嫡男竹福丸は松平姓を許されると共に家康から「康」の一字を与えられ、依田康国として小諸6万石の城主となる。康国は天正13年(1585年)の第一次上田合戦で初陣を果たすと、天正18年(1590年)の小田原征伐上州に出陣するが、石倉城で戦死を遂げる。

康国の死後は弟の康真が家督を相続し、徳川家の関東移封に伴って武州榛沢郡と上州緑野郡に3万石を与えられ、藤岡城主となる。しかし関ヶ原の戦いを控えた慶長5年(1600年)1月23日、大坂の旅宿で囲碁をしていたときに同僚の小栗三助なる者を喧嘩口論の末に殺害してしまう。これが原因で高野山に出奔し藤岡藩3万石は改易。結城秀康のもとにお預けとなる。これ以後康真は松平姓をはばかり、母方の加藤姓を名乗り、加藤康寛と改名し、越前国木本5000石を与えられたという[要出典]。子孫は芦田姓を名乗った。また、康真自身は終生、依田姓で通していたとも伝わる[要出典]。元和9年(1623年)に死去したと言われるが、没年には異説もある[要出典]

佐久市八幡の依田家[編集]

佐久市八幡(旧南御牧浅科村)の依田氏は、長野県屈指の地主であり、農地解放が実施されるまで長野県の高額納税者1位の常連であった。八幡の依田氏は、仙右衛門を通称として、遠祖は小諸城主依田氏の庶子の一人であった。小諸城主依田氏が、上州藤岡城主となったときに、これに随従せず土着帰農した。元禄15年(1702年)から維新まで小諸城主となった牧野氏から馬上を許され奏者格の格式が与えられた。また依田氏の邸宅にたびたび藩主牧野氏が立ち寄った(小諸領内旧家録など)。依田専左衛門家は、専右衛門家の分家である。藩主の国替えに随従しないことを例としていた小諸藩の御城番組の番士(卒族)にも、依田姓が散見される。

芦田姓[編集]

室町中期に、依田から芦田(蘆田)に姓を変更している。だが、実際にいつ変更したかは諸説ある。

大きく分けると、大井氏との抗争前に芦田郷(芦田古町)に進出して改姓したとする説と、大井宗家滅亡後の文明18年(1486年)、芦田城(長野県立科町茂田井)の滋野系芦田氏を滅ぼし、当時の依田光徳が改姓したとする説(この時期は村上氏に属していたとされる[要出典])。

この時期の記録には、依田姓と芦田姓が共に残されており、依田氏が従属した当時の大井氏の重臣にも芦田姓がいる。しかし、上述の滋野系芦田氏と依田氏(芦田氏/蘆田氏)の区別が非常に困難な状況にあり、時期については確定していない。

系譜[編集]

<平安時代中期 - 鎌倉時代中期>    ※ 太線は実子、細線は養子。
  源満快
   ┃
  満国
   ┃
  為満
   ┃
  為公
   ┣━━━━━━━━━┓
 伊那為扶            依田為実
   ┃               ┣━━━┓
 依田為実              実信    豊平
   ┃     ┏━━━┻━━━┓
  実信      信行        行俊(飯沼太郎)
               ┃           ┃
        手塚氏/諏訪氏へ?    資行(飯沼三郎)
                      ┏━━━┫
                      常遠    唯心
                              ┣━━━┓
                              行盛    朝行
<戦国時代 - 織豊時代>  (依田氏/芦田氏)
  系未詳
   ┃
  信常?
  ┃
  信守
   ┣━━━┓
  信蕃    信幸
   ┣━━━┳━━━┓
  康国    康勝    康寛
<戦国時代 - 織豊時代>  (依田氏/相木氏)
  系未詳
   ┃
 相木昌朝(依田昌朝)
   ┃
  常林

脚注[編集]

  1. ^ 尊卑分脈』清和源氏系図では信濃の名族諏訪氏の中世以降の系譜を依田氏に連ねるものともしている。なお同時期の諏訪氏をめぐる系譜は複数存在しており、その詳細は定かではない。

参考文献[編集]


関連項目[編集]