青山信昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青山信昌
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文16年9月22日1547年11月4日)?
別名 通称:与三右衛門
主君 織田信長
氏族 青山氏
吉次
テンプレートを表示

青山 信昌(あおやま のぶまさ)は、戦国時代武将織田氏の家臣。通称与三右衛門(よそうえもん)で知られる。

天文11年(1542年)、織田信長が父信秀から那古野城を与えられ城主になった際、平手政秀林秀貞内藤勝介と共に養育係として仕えた「四長(四家老)」の一人[1]

天文16年(1547年)、織田氏の美濃国稲葉山城攻めに出陣し、斎藤道三の奇襲に遭い、織田信康など多くの将兵と共に討死した(加納口の戦い[2]。ただし、信昌が戦死した戦いが起きた時期を天文13年(1544年)とする説もあり、この場合には信長の元服以前に信昌は死去していたことになる。

子の吉次はのちに前田利家に仕え、越中魚津城の城代を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 太田牛一信長公記』 巻首 「吉法師殿御元服の事」
  2. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻首 「美濃国へ乱入し五千討死の事」

登場作品[編集]

関連項目[編集]