織田信康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
織田信康
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文13年9月22日1544年10月8日
別名 通称:与次郎
諡号 伯厳又は白厳
戒名 雲林院殿白巌仍叟居士[1]
仍叟白巌大居士[1]
氏族 織田氏
父母 父:織田信定
兄弟 信秀信康信正信光信実信次松平信定正室、長栄寺殿(牧長義室)、おつやの方遠山景任室→秋山虎繁正室)、秋悦院(織田信安室)
信清信益(広良)、織田信張正室ら、
養子:織田信時織田信秀子)
特記
事項
犬山城築城主

織田 信康(おだ のぶやす)は、戦国時代武将織田氏の家臣。犬山城築城主。

生涯[編集]

尾張国の織田弾正忠家の当主・織田信定の子として生まれる。

天文2年(1533年7月11日、兄・信秀が主家筋の織田大和守家(清洲織田氏)織田達勝と争った際、和平成立後、兄・信秀の代理として清洲城に出向いた[2]。また、天文6年(1537年)には犬山城に入城し、織田伊勢守家(岩倉織田氏)の織田信安の後見役も務めたとされる。兄・信秀に従い、今川氏との小豆坂の戦いなどで戦功を挙げる[3]など、政戦両面で活躍した。

天文13年(1544年)、斎藤道三との戦いに従軍し、美濃稲葉山城攻め(加納口の戦い)にて戦死[4]。没年については天文16年(1547年)ともされる。子・信清は信秀・信長に対して反抗的であったため、犬山織田家は織田弾正忠家の敵対勢力の一つとなる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『犬山里語記』(19世紀前半成立)による。必ずしも当時の戒名とは限らない。
  2. ^ 言継卿記
  3. ^ 太田牛一信長公記』巻首 「あづき坂合戦の事」
  4. ^ 太田牛一 『信長公記』 巻首 「美濃国へ乱入し五千討死の事」