おつやの方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おつやの方(おつやのかた、生年不詳 - 天正3年11月21日1575年12月23日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。織田信定の娘で、織田信長の叔母にあたる。通称は艶、岩村殿、修理夫人、お直の方、岩村御前とも言われる[1]

生涯[編集]

遠山景任の妻。元亀3年(1572年)5月、景任は子供が無いまま病死したため、おつやの方は信長の五男坊丸(後の織田勝長)を養嗣子とした。但し坊丸はまだ幼かったので、おつやの方が当主の座を引き継ぎ岩村城の女城主となった。また信長は軍勢を岩村城に送り込んだ。

その後、元亀3年(1572年)10月、武田信玄西上作戦を開始する。信玄はそれまで各地に上洛する旨を喧伝していたが、実際の行動は山県昌景秋山虎繁(俗に信友とも)の別働隊3,000を三河に向かわせ、自身も遠江に出陣するという、徳川家康の領土を奪取することを主目的とした作戦であったが、おつやの方は信玄の動きに呼応し、秋山虎繁と婚姻し武田軍に寝返ってしまう。同年11月14日、岩村城は武田方のものとなり、信玄は配下の下条信氏を送り込んだ(『当代記』)。

11月14日に信玄は遠山氏に岐阜の信長を牽制せよと命じており、また12月12日には遠藤加賀守に岩村城へ兵を増援すると伝えている。一方信長も11月15日に延友佐渡守へ遠山氏が裏切ったにも関わらず忠節を尽くしたことを賞し日吉郷・釜戸本郷を与えている。

信玄はこのおつやの方の裏切りによって作戦を変更し、三河から東美濃へ入って信長を攻めることにした(『三河物語』)。その途中、12月22日、三方ヶ原の戦いが起こり、信玄は家康を破る。

元亀4年(1573年)3月6日、信玄は美濃に秋山虎繁を送り、岩村城城主とした。この時におつやの方と秋山との婚姻が行われたとみられる。坊丸もまた甲斐に送られた。しかし同年4月12日に信玄は病死し、武田軍は撤退する。

織田軍は天正3年(1575年)の長篠の戦いで武田軍を敗ると、織田信忠らが岩村城を包囲。武田勝頼は岩村城を救援するべく出陣したが、勝頼が着くより前の11月21日、岩村城は落とされた(天正3年(1575年)の岩村城の戦い)。信長は虎繁らを赦免すると見せかけ、礼に来たところを捕らえ、長良川近くで磔刑にした。その理由は、長篠城の奥平信昌が徳川家康に寝返った際、武田勝頼が奥平の妻を磔にしたので、その報復だということだった(『甲陽軍鑑』)。おつやの方もまた信長に捕らえられて逆さ磔で処刑された。あるいは信長が裏切られた鬱憤を晴らすために自ら斬ったとも言われる(『当代記』)。

余談[編集]

おつやの方が生んだ六太夫は1573年に生まれ、織田氏による岩村城落城前に落ち延びて、瀬戸内海村上水軍に仕えていたが、慶長5年に伊予松山三津浜で討死。27歳であった。墓は、広島県竹原市にある。戒名は、一朝智入信士。現在も六太夫の子孫を名乗る人物が居る。

岩村醸造の女城主

岐阜県恵那市岩村町では、おつやの方にちなみ、1992年から本通り沿いの家々で家族の女性の名前を記した暖簾を掛けたり、地元の醸造会社岩村醸造が「女城主」と名付けた日本酒を売り出したりして、地域おこしに活用している[2]。また、愛知淑徳大学現代社会学部の石丸緑常勤講師のゼミと同地区住民らでつくる「城下町ホットいわむら」が共同制作する創作ドラマ『みつけもの』を撮影した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 川口素生『戦国軍師人名事典』P72
  2. ^ 朝日新聞「岩村城 結婚受け入れた女城主」
  3. ^ 毎日新聞(2010年8月14日付)「女城主:ブランド化へ ドラマ「みつけもの」クランクイン--恵那の岩村/岐阜」

参考文献[編集]

書籍