織田信光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田信光
時代 戦国時代
生誕 永正13年(1516年
死没 弘治元年11月26日1556年1月7日
別名 津田信光
戒名 凌雲寺殿前豊州太守泰翁凌公居士
主君 信友→信長
氏族 織田氏(津田氏)
父母 父:織田信定
母:含笑院殿(いぬゐ・織田良頼女)
兄弟 信秀信康信光信実信次
妹(松平信定室)、長栄寺殿(牧長義室)、
岩村殿遠山景任室のち武田家臣秋山虎繁(信友)室?)、
秋悦院殿(織田信安室)
松平信定
信成信昌

織田 信光(おだ のぶみつ)は、戦国時代武将。津田信光とも。織田信定の子、信秀の弟。尾張守山城城主。通称は孫三郎。法名は梅岩[1] または梅厳。

生涯[編集]

永正13年(1516年)、尾張国の織田弾正忠家の当主・織田信定の子として誕生。

武勇に優れ、兄・信秀に従って小豆坂の戦いに出陣し武功を挙げ、『甫庵信長記』などによれば小豆坂七本槍の一人として名を馳せた。その一方で『三河物語』によれば、信秀打倒を目指す三河の松平清康に内応して、清康を居城の守山城に呼び寄せたことになっている。清康と反目していた松平信定の娘を妻にしていたことから、清康の家臣からは疑惑を持たれもしたが、結局森山崩れにより清康は落命した。信秀の死後は、家督を継いだ甥の織田信長を支持し、萱津の戦い村木砦の戦いなどで活躍した。

『信長公記』によると、信長と敵対する織田大和守家当主・織田信友の重臣・坂井大膳の誘いに応じるふりをし、天文24年(1555年)4月19日に清洲城に入城。翌20日、信友を謀殺して清洲城を奪い、大膳は今川義元の下に逃れた。

信光は信長に清洲城を渡すと、自身は信長より譲られた那古屋城に入ったが、弘治元年11月26日(1556年1月7日)に不慮の死を遂げた。『甫庵信長記』によると、近臣で北の方(信光夫人)と通じていた坂井孫八郎により殺害されたという。

戒名は、凌雲寺殿前豊州太守泰翁凌公居士[2]

系図[編集]

織田信光
┣━━━┳━━━┓
信成  信昌 仙千代
┣━━━┓ 
正信 光徳院

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『群書系図部集 織田系図』
  2. ^ 『尾張國誌』