魚津城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
魚津城
富山県
魚津城址(富山県魚津市立大町小学校内)
魚津城址(富山県魚津市立大町小学校内)
別名 小津城、小戸城
城郭構造 平城
築城主 椎名氏
築城年 不明
主な城主 椎名氏、上杉氏
廃城年 元和年間
遺構 なし
指定文化財 魚津市指定史跡
位置 富山県魚津市本町
北緯36度48分47.6秒
東経137度23分51.1秒
地図
魚津城の位置(富山県内)
魚津城
魚津城

魚津城(うおづじょう)は、富山県魚津市にあった日本の城平城)。別名、小津城、または小戸城。松倉城の支城のひとつ。天正10年(1582年)6月の本能寺の変直前の魚津城の戦いの際、柴田勝家率いる織田軍が攻囲していた城として有名。魚津市指定史跡

歴史[編集]

伝承では、建武2年(1335年椎名孫八入道によって築城されたとされる。戦国時代に椎名康胤上杉氏から離反すると、椎名氏を追討に出た上杉軍の手に落ちた。以後上杉氏の越中支配における重要拠点となり、河田長親が長く城代を務めた。天正10年(1582年)の魚津城の戦いで織田軍と上杉軍が凄まじい攻防戦を 繰り広げた。

しかし、直後に本能寺の変の報が届いたため、織田軍は撤退し、すぐに上杉軍が奪回した。その後、天正11年(1583年)に態勢を整えた佐々成政により再び攻囲され、城将須田満親は降伏して開城し、上杉氏による支配が終わった。成政の没落後前田氏の治下では青山吉次などが城代を務めたが、元和一国一城令により廃城となったとみられる。

現在、本丸跡地は大町小学校、二の丸跡は魚津簡易裁判所などの敷地となっており、遺構は殆ど残っていない。[1]

城跡[編集]

魚津城や松倉城周辺には数多くの城跡がある。現在の魚津市内のみでも、坪野城北山城(金山城・金山谷城)、升方城天神山城(萩城)、小菅沼城水尾城水尾南城石の門などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店発行)147ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]