青山宗勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青山宗勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄4年(1561年
死没 不明
別名 通称:助兵衛
官位 従五位下修理亮
主君 丹羽長秀豊臣秀吉丹羽長重
氏族 青山氏
丹羽長秀娘・長清院
忠元長勝

青山 宗勝(あおやま むねかつ)は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将大名

永禄4年(1561年)に誕生。はじめ丹羽長秀に仕えたが、天正13年(1585年)に長秀が死去すると、豊臣秀吉の家臣となり、黄母衣衆に列せられ、越前国に2万石を与えられた。天正15年(1587年)には九州平定に従軍する。伏見城普請でも功績を挙げたことから、慶長3年(1598年)に越前丸岡に4万6000石と丸岡城を与えられ、従五位下、修理亮に叙任する。叙任と同時期と推定されるが、豊臣姓を下賜されている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に属し、東軍に属した前田利長と戦ったが、そのために戦後に改易された。

その後は旧主・長秀の子である丹羽長重に仕え、子・長勝が丹羽姓を許されるなど、一門格の扱いを受けた。子孫は二本松藩の重臣として幕末まで続いている。