永井尚征

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
永井尚征
Nagai Naoyuki(淀藩主).jpg
永井尚征(興聖寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長19年(1614年
死没 延宝元年11月11日1673年12月18日
改名 大膳(通称)、尚征
戒名 雲山宗関竜谷院
墓所 東京都中野区上高田の功運寺
官位 従五位下、右近大夫
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
山城淀藩主→丹後宮津藩
氏族 永井氏
父母 父:永井尚政、母:内藤清成の娘
兄弟 尚征尚保尚庸直右尚春尚申尚盛(八男)、長子(立花忠茂正室)、娘(高力高長正室)、娘(松平憲良正室のち松平康尚正室)、娘(松平定政正室)、娘(森長俊正室のち大沢基躬室)、娘(米津田盛正室)、娘(上林重胤室)、娘(小浜広隆正室)
正室:毛利秀元の娘
尚房尚長直種直円、娘(永井直時正室)、娘(増山正弥正室)、娘(有馬則故正室)、娘(有馬則故継室)、娘(中村光慶室)、娘(高力忠弘正室)

永井 尚征(ながい なおゆき)は、山城淀藩の第2代藩主、後に丹後宮津藩の初代藩主となる。永井家宗家3代。

生涯[編集]

慶長19年(1614年)、淀藩の初代藩主・永井尚政の長男として生まれる[1]明暦4年(1658年)2月に父が隠居したため、家督を継いだ[1]寛文9年(1669年)2月24日、丹後宮津藩に移封される[2]

延宝元年(1673年)11月11日に江戸で死去[1]。享年60。跡を二男の尚長が継いだ[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 永井尚征 【ながい-なおゆき】”. コトバンク. 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ a b 浜垣 1991, p. 255

参考文献[編集]

  • 浜垣容二 「増上寺で殺された文人大名」、『大名廃絶読本』、読本シリーズ (新人物往来社)第3号254-257頁、1991年。