松平乗保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗保
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延元年(1748年[1]
死没 文政9年6月26日1826年7月30日
改名 慥五郎(幼名)→乗保
戒名 尚通院殿純定篤敬大居士
墓所 東京都台東区上野公園寛永寺春性院
官位 従五位下、河内守能登守、従四位
幕府 江戸幕府
美濃岩村藩
氏族 朽木氏大給松平家
父母 父:朽木玄綱、母:華嶽院(浅田氏)
養父:松平乗薀
兄弟 朽木舖綱乗純牧野成音乗保
正室:松平康福の娘
乗友乗美乗時

松平 乗保(まつだいら のりやす)は、江戸時代中期から後期の大名、老中美濃岩村藩第4代藩主。岩村藩大給松平家5代。

生涯[編集]

丹波福知山藩朽木玄綱の八男。松平乗薀の長男の乗国、次男の乗遠がいずれも早世し、父玄綱が初代藩主乗紀の息子であったことから養子に迎えられた。天明元年(1781年)、養父の隠居により家督を相続する。奏者番若年寄大坂城代、西丸老中を歴任した。

文政9年(1826年)に死去した。長男の乗友は早世していたため、次男の乗美が家督を相続した。

略歴[編集]

  • 1748年(寛延元年) 朽木玄綱の八男として生誕。
  • 1770年明和7年) 12月、松平乗薀の養子となる。
  • 1771年(明和8年) 12月従五位下河内守に叙任。
  • 1773年安永2年) 4月松平康福の娘と婚した。
  • 1781年天明元年) 4月養父の隠居により岩村藩の家督を相続。
  • 1783年(天明3年) 能登守に改める。
  • 1784年(天明4年) 5月奏者番
  • 1789年寛政元年) 7月西丸若年寄
  • 1804年文化元年) 8月本丸若年寄
  • 1806年(文化3年) 10月大坂城代。官位が従四位下に昇格。
  • 1810年(文化7年) 6月西丸老中。侍従
  • 1826年(文政9年) 6月26日、在職のまま死去。享年78。

脚注[編集]

  1. ^ 寛延2年(1749年)12月11日生まれともされる。