松平乗穏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗穏
時代 江戸時代中期
生誕 元文4年3月22日1739年4月29日
死没 天明3年4月9日1783年5月9日
改名 銀次郎(幼名)、乗穏
戒名 徳誉運応興善還元院
墓所 東京都港区赤坂の浄土寺
官位 従五位下石見
幕府 江戸幕府
三河国奥殿藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平盈乗
兄弟 乗穏乗睦
正室:芳春院太田資俊養女・太田資晴娘)
乗統乗友渡辺綱光(三男)、乗尹
娘(青山幸賢正室)、娘(倉橋久幾室)、
娘(築紫孝門正室)

松平 乗穏(まつだいら のりやす)は、三河奥殿藩の第3代藩主。奥殿藩大給松平家5代。

生涯[編集]

元文4年(1739年)3月22日、第2代藩主・松平盈乗の長男として江戸で生まれる。寛保2年(1742年)に父が死去したため家督を継いだ。しかし幼少のため、義父の太田資俊の補佐を受けた。宝暦5年(1755年)12月18日、従五位下石見守に叙位・任官する。

藩政では藩財政難のため、宝暦3年(1753年)に倹約令を出し、家臣の知行を借上し、宝暦9年(1759年)には税制を定免法に改め、明和2年(1765年)には借金を20年かけて返済する方法を採用するなど、積極的な藩政改革を行なった。しかし宝暦6年(1756年)と宝暦9年(1759年)に日光祭祀奉行、宝暦8年(1758年)4月に江戸城馬場先門番、明和5年(1768年)から安永8年(1779年)まで大番頭、明和5年(1768年)6月と安永5年(1776年)の大坂加番など要職を歴任した上、千曲川の水害、宝暦4年(1754年)の年貢減免一揆、明和5年(1768年)の江戸屋敷類焼など出費が激しく、財政改革は効果がなかった。

天明2年(1782年)11月21日、家督を次男の乗友に譲って隠居する。天明3年(1783年)4月9日、江戸で死去した。享年45。