松平乗統 (奥殿藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 乗統(まつだいら のりむね、宝暦9年(1759年) - 安永5年7月27日1776年9月9日))は、三河国奥殿藩の第3代藩主・松平乗穏の世子だった人物である。

松平乗穏の長男として生まれる。母は太田資晴の娘。父から世子に指名され、将軍との御目見も済ませていたが、安永5年(1776年)7月27日に早世した。享年18。このため、弟の乗友が10月19日に世子となり、後に第4代藩主となる。