松平乗紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松平乗紀
Matsudaira Noritada.jpg
松平乗紀像(隆崇院蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝2年(1674年
死没 享保元年12月25日1717年2月6日
改名 吉十郎(幼名)→石川乗紀(初名)→松平乗紀
戒名 龍玄院殿雲巌悟心大居士
墓所 東京都台東区上野公園の春性院
岐阜県恵那市岩村町殿町の乗政寺
官位 従五位下、美作守、兵庫頭、能登
幕府 江戸幕府 奏者番
信濃小諸藩主→美濃岩村藩
氏族 石川氏大給松平家
父母 父:松平乗政、母:丹羽瀬氏
養母:岩城重隆の娘
兄弟 乗紀松平信孝正室
正室:(宝光院、朽木稙昌の娘)
乗賢吉三郎致乗田宮朽木玄綱
亀之助水谷建英(七男)、栄久院(阿部正鎮正室)、娘(松平義堯養女)、娘(知久久徹室)

松平 乗紀(まつだいら のりただ)は、信濃小諸藩の第2代藩主、後に美濃岩村藩の初代藩主。岩村藩大給松平家2代。

生涯[編集]

延宝2年(1674年)、小諸藩の初代藩主・松平乗政の長男として生まれる。貞享元年(1684年)、父の死去により家督を継いで小諸藩主となる。元禄15年(1702年)9月7日、美濃岩村に移封され、12月に奏者番に任じられた。

元禄16年(1703年)6月22日、姓を石川から松平に復し、兵庫頭に任官される。藩政では文武を奨励し、美濃国内では西の大垣藩と並んで文化の中心地として発展した。享保元年(1716年)12月25日、江戸で死去した。享年43。跡を長男の乗賢が継いだ。