松平乗薀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗薀
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年(1716年
死没 天明3年7月6日1783年8月3日
改名 永之助(幼名)、乗薀
戒名 大良院礼節仁譲
墓所 東京都台東区上野の春性院
官位 従五位下、従四位下、美作守、能登
幕府 江戸幕府 奏者番
美濃国岩村藩
氏族 大給松平氏
父母 父:松平乗邑、母:加賀野氏
養父:松平乗賢
兄弟 乗佑乗薀
正室:松浦篤信の養女(千本倶隆の娘)
側室:前原氏
乗国(長男)、乗遠(次男)、林述斎
娘(鍋島治茂継々室)、養子:乗保

松平 乗薀(まつだいら のりもり)は、美濃岩村藩の第3代藩主。岩村藩大給松平家4代。

生涯[編集]

享保元年(1716年)、伊勢亀山藩主・松平乗邑の三男として生まれる。岩村藩の世嗣・乗恒が早世したため、第2代藩主・松平乗賢養子となり、寛保元年(1741年)12月に従五位下・美作守に叙位・任官される。延享3年(1746年)の乗賢の死去により家督を継ぎ、能登守に遷任する。

藩政では行政の簡素化を図ることで藩財政の再建を目指している。宝暦8年(1758年)に金森氏が騒動により改易されると、郡上城の受け取りを務めた。宝暦12年(1762年)12月に奏者番に任じられる。安永2年(1773年)に飛騨大原騒動が起こると、鎮圧のために出兵して功績を挙げた。

天明元年(1781年)4月22日、家督を養子の乗保に譲って隠居する。天明3年(1783年)7月6日、江戸で死去した。享年68。

学問[編集]

享保元年生まれの乗薀は、聖堂学問所(のちの昌平坂学問所)に学び、林鳳岡最晩年の弟子にあたる。乗薀三男の松平乗衡は、林信敬の没後に林家の養子に入り、林述斎として8代当主を継いだ[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 師弟関係図 (PDF) (小林松篁)