松浦篤信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松浦 篤信(まつら あつのぶ、1684年8月26日貞享元年7月16日〉 - 1757年1月22日宝暦6年12月3日〉)は、肥前平戸藩の第6代藩主。

第4代藩主・松浦鎮信(天祥)の四男。母は岡氏。正室は稲葉正則の娘。側室は池内氏、松村氏、小宮氏、伊藤氏。子に松浦有信(長男)、松浦誠信(次男)、松浦交信(五男)、松浦到(六男)、松浦雅信(九男)、松浦義信(十男)、松浦信程(十一男)、娘(牧野貞通正室)、娘(朝倉豊良室)、娘(本多忠如正室)、娘(篤信の弟・松浦斉の養女)。官位は従五位下肥前守

江戸浅草に生まれる。幼名は数馬。元禄9年(1696年)4月6日、兄で第5代藩主であった松浦棟の長男・が早くに死去したため、棟の養嗣子となった。同年5月21日、将軍徳川綱吉に拝謁した。元禄11年8月22日、江戸城の菊間詰めとなる。同年12月15日、従五位下肥前守に叙任する。宝永元年(1704年)5月28日、養父棟とともに初めてお国入りする許可を得る。宝永6年4月28日、養父棟とともに江戸城の柳間詰めに戻される。

正徳3年(1713年)2月11日、養父棟の隠居により、家督を相続する。藩政においては「田畑割御定法」を制定して農村再編を図り、さらに向後崎番所を設置するなどして藩政改革を図ったが、あまり効果は無かった。養父棟と違って11男8女という子女に恵まれている。享保12年(1727年)閏1月2日、病気を理由に家督を長男・有信に譲って隠居した。宝暦6年(1756年12月3日に74歳で死去した。法号は松英院殿。墓所は墨田区の天祥寺。後に平戸市雄香寺に改葬された。