松浦熈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松浦熈像(松浦史料博物館蔵)

松浦 熈(まつら ひろむ、寛政3年4月11日1791年5月13日) - 慶応3年6月27日1867年7月28日))は、肥前国平戸藩の第10代藩主。

第9代藩主・松浦清の三男。母は側室・鎌奥氏(実は外山光時の娘[1])。正室は久松松平定信の娘。子に松浦曜(長男)、松浦啓(次男)、松浦秋(三男)、熊沢正観(四男)、松浦欽明(五男)、娘(日野資宗室)、富子(中山忠光室)。官位は従五位下肥前守。幼名は三穂松。

平戸において生まれる。寛政7年(1795年)、江戸に移る。同年、父・清の嫡子となる。長兄・章の廃嫡、次兄・の死去にともなう措置であった。なお、年齢の上積みをはかり(官年参照)、幕府には8歳と届け出た。

享和3年(1803年)6月1日、将軍徳川家斉御目見する。同年12月16日、従五位下肥前守に叙任する。天保5年(1834年)3月、若年寄・永井尚佐の官名と重なるため、幕府に肥前守の改名伺いを提出した。同年8月、改名は必要ないとの返答を受けた。

文化3年(1806年)11月、父清の隠居により家督を相続する。文化5年(1808年)、松平定信の娘と結婚した。天保12年(1841年1月、隠居して長男のに家督を譲った。父・清の意向により平戸で隠居し、曜とその跡を継いだ(三男・秋の子)の後見にあたった。慶応3年(1867年)、77歳で死去した。法号は龍瑞院殿前肥州大守乾乾観中大居士。

脚注[編集]

  1. ^ 鎌奥氏の実父は竹屋光兼の次男で外山光任の養子となった外山光時である。光時は従四位上式部少輔という官位を持つ堂上公家であったが、明和3年(1776年)に突如官位を返上、財産も処分して出奔してしまったという。『甲子夜話』によれば平戸に居た時には剃髪して有楽軒了円と称していたという(松田敬之『次男坊たちの江戸時代-公家社会の〈厄介者〉-』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー246、2008年 ISBN 978-4-642-05646-5 「不肖の養子」P87-97)。

関連項目[編集]