松浦有信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松浦 有信(まつら ありのぶ、1710年6月4日宝永7年5月8日) - 1728年9月28日享保13年8月25日))は、肥前国平戸藩の第7代藩主。

第6代藩主・松浦篤信の長男。母は小宮氏。正室は大河内松平信祝の娘・多代。官位は従五位下壱岐守

享保12年(1727年)、父が病気を理由に隠居したため、その跡を継いで藩主となった。そして父の後を受けて藩政改革に乗り出したが、翌年に病に倒れ、8月25日に平戸城にて死去した。享年19。嗣子が無く、弟の誠信を養嗣子として後を継がせた。墓所は平戸市雄香寺。法号は等覚院殿前壱州太守天麟英心大居士。