松浦誠信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松浦 誠信(まつら さねのぶ、正徳2年3月11日1712年4月16日) - 安永8年4月29日1779年6月13日))は、江戸時代中期の大名肥前国平戸藩の第8代藩主。

第6代藩主・松浦篤信の次男。第7代藩主・松浦有信の弟。母は池内氏。正室は宮川氏。子に松浦邦(長男)、松浦政信(三男)、松浦保(五男)、娘(稲垣昭央正室)、娘(永井尚俶正室)、娘(木下利忠正室)、娘(本多忠籌正室)、娘(相良頼峯婚約のち市橋長璉正室)、娘(松浦信安室)。官位は従五位下肥前守

幼名は吉松、数馬。享保13年(1728年)11月7日、兄有信の死去にともない、末期養子として家督を相続した。同年11月15日、将軍徳川吉宗に謁見する。同年12月21日、従五位下肥前守に叙任する。享保14年2月28日、初めてお国入りする許可を得る。

長男・の死後、後継者は三男・政信と定めていたが、その政信は明和8年(1771年)に自身に先立って死去する。このため、政信の子・を後継者として定めた。安永4年(1775年)2月16日、隠居し、嫡孫清が継いだ。その後、安永8年(1779年)に68歳で病死した。

明治天皇は誠信の来孫に当たる[1]

脚注[編集]

  1. ^ 誠信-政信-清-中山愛子慶子-明治天皇