松平乗恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 乗恒(まつだいら のりつね、享保9年(1724年) - 元文5年11月5日1740年12月23日))は、美濃国岩村藩の嫡子。第2代藩主・松平乗賢の次男。官位は従五位下、飛騨守。

岩村藩嫡子として育てられ、元文元年(1736年徳川吉宗御目見した。元文3年(1738年)には叙任するが、家督相続前の元文5年(1740年)に早世した。代わって、本家の下総国佐倉藩から乗薀が養子に迎えられ、嫡子となった。