松平乗命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗命
松平乗命.jpg
松平乗命
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永元年6月13日1848年7月13日
死没 明治38年(1905年11月15日
改名 誠之助(幼名)→乗命
墓所 東京都台東区上野公園寛永寺春性院
東京都台東区の上野墓地
官位 従五位下能登守子爵
幕府 江戸幕府大坂加番奏者番陸軍奉行
主君 徳川家定家茂慶喜明治天皇
美濃岩村藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗喬、母:牧野節成娘・寿松院
兄弟 乗一乗命、敏、大道寺某室、
滝川忠挙
正室:徳川斉荘四女・釣姫
継室:岡部長寛娘・簾子
精子、芳子
養子:乗長
テンプレートを表示

松平 乗命(まつだいら のりとし)は、江戸時代後期の大名美濃国岩村藩8代(最後の)藩主。岩村藩大給松平家8代。官位従五位下能登守。維新後子爵

生涯[編集]

嘉永元年(1848年)6月13日、先代藩主・松平乗喬の次男として誕生。安政2年(1855年)、父の死去により家督を継ぐ。万延元年(1860年)12月に従五位下・能登守に叙位・任官する。元治元年(1864年)に大坂加番に任じられ、慶応2年(1866年)の第二次長州征伐にも参加している。

慶応3年(1867年)7月に奏者番に任じられ、12月に陸軍奉行に任じられた。しかし幕府の要職にありながら、慶応4年(1868年)2月に新政府に恭順している。

明治2年(1869年)6月の版籍奉還で岩村藩知事に任じられ、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で藩知事を免官された。明治17年(1884年)の華族令で子爵に列せられる。明治38年(1905年)11月15日、東京で死去。享年58。

系譜[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
岩村松平家初代
1884年 - 1905年
次代:
松平乗長