松平真乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平真乗
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文15年(1546年
死没 天正10年3月14日1582年4月6日
改名 源次郎(幼名)→真乗
戒名 梅香院殿盛巌道翁大禅定門
主君 徳川家康
氏族 大給松平家
父母 父:松平親乗、母:松平信定
戸田忠重
家乗真次

松平 真乗(まつだいら さねのり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大給松平家5代当主。

略歴[編集]

4代・松平親乗の子として誕生。幼名は源次郎。

早くから徳川家康(又従兄にあたる)に仕え、遠州平定戦では掛川城攻めで活躍した。その他にも姉川の戦い、諏訪原の戦い、三方ヶ原の戦い長篠の戦いなど、徳川家の主要な合戦の多くに参戦して武功を挙げた。天正8年(1580年)の田中城攻めの帰り、殿石川数正の軍を朝比奈信置が襲撃した際には、真乗が反撃して破っている。

天正10年(1582年)に37歳で死去した。家督は長男の家乗が継いだ。