松平乗完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平乗完
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦2年3月21日1752年5月4日
死没 寛政5年8月19日1793年9月23日
改名 恆三郎、源次郎(幼名)→乗完
別名 鶴洲、省己堂(号)
戒名 源徳院殿寂譽諦觀了空大居士
墓所 東京都府中市多磨町多磨霊園
官位 従四位下、和泉守、侍従
幕府 江戸幕府
三河国西尾藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗祐、母:堀口氏
兄弟 乗孝乗用乗房乗完西郷員相堀直起守惇土井利見忠順乗峰
里姫(酒井忠仰室)、牧野貞長室、
三浦矩次室、松平近儔室、岩城隆恕室、永井尚志室、岡部盛真
正室:諏訪忠林の娘、継室:松平武元の娘
乗寛乗絃義長、娘(諏訪忠粛正室)、娘(大給松平乗冬室)、娘(竹谷松平守誠正室)、娘(小笠原長知養女)

松平 乗完(まつだいら のりさだ)は、三河西尾藩第2代藩主。老中大給松平家宗家12代。趣味は和歌・俳句。

西尾藩初代藩主・松平乗祐の五男。兄乗孝の早世により嫡子となり、明和6年(1770年)に家督を相続する。幕府では寺社奉行京都所司代を歴任し、松平定信が老中首座・将軍補佐役に就くと、御三家の推挙により老中に迎えられ、寛政の改革の一翼を担った。

藩財政が窮乏していたため、倹約令を出したほか、藩士に上米、町人に御用金賦課、農民に年貢先納を強制した。和歌・俳諧・絵画・書を嗜むなど多芸であった。

寛政5年(1793年)死去し、跡を長男の乗寛が継いだ。

経歴[編集]