松平乗元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大給城址の墓所

松平 乗元(まつだいら のりもと、文安3年(1446年) - 天文6年4月15日1537年5月23日[1])は、戦国時代武将松平親忠の次男。大給松平家の祖。幼名は源次朗。通称左近。兄弟に親長(岩津・惣領家)、長親(宗家)、乗清滝脇松平家祖)など。子に乗正親清乗次宮石松平家祖)。

三河国岩津(現在の愛知県岡崎市岩津町)に生まれる。岩津に侵攻した松平信光は、長坂新左衛門の拠る加茂郡荻生(おぎゅう)大給城を攻略して三男の親忠に与えた。親忠は次男の乗元に細川城と共に大給城を譲った。乗元、乗正父子は、永正7年(1510年)頃まで城の大規模な修築を行った。墓は大給城にある。

脚注[編集]

  1. ^ 生年は嘉吉3年(1443年)、没年は天文3年(1534年)説もある。