大給近孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大給近孝

大給 近孝(おぎゅう ちかたか、1879年明治12年)7月3日[1][注 1] - 1958年昭和33年)3月25日[1][2])は、明治から昭和期の政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

子爵大給近道の長男として生まれた[1][3]。父の死去に伴い、1902年11月22日、子爵を襲爵した[1][4]。近孝は学習院初等科・中学科を卒業後、とくに職には就かず、日本弘道会評議員、子爵会幹事などを務めた[5]。学習院では大正天皇の学友であった[5]1915年、皇子浴場之儀鳴弦控となる[2]。同年12月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[6]研究会に所属して活動し、1925年7月まで2期在任した[2]

親族[編集]

酒井忠篤の娘・米子(1885年 - 1974年)と結婚して三女をもうけ[5]、長女・カ都子の夫・大給近憲(上杉茂憲の子)を養嗣子とし、次女・幸子は五代友厚の孫・土居保太郎に嫁がせた。近道の次男・大給近清は黒田清輝の娘と結婚したが夭折した[5]。近孝の娘婿・大給近憲の没後はその長男・大給近達(1930年 - 2013年、文化人類学者・国立民族学博物館名誉教授・淑徳学園元理事長)が継いだ[7]

ゆかりの地[編集]

明治初期に大給近道が屋敷を構えた駒込千駄木坂下町(現・千駄木3丁目)には「大給坂」と名付けられた坂が遺る[7]。また、地元青年団のために大給近孝が寄付して1926年に建てられた文武道場「芳林閣」が現存する[8]。千駄木林町(現・千駄木3-12)にあった近孝邸は、鈴木三樹之助に売却されたのちに大平正芳邸となり、近孝が遺してほしいと希望したいちょうの大木とともに文京区千駄木第二児童遊園となっている[7][9]

脚注[編集]

明仁親王誕生時に行われた読書鳴弦の儀奉仕員(左より市村瓚次郎有馬良橘大給近孝辻善之助松浦靖細川立興

注釈[編集]

  1. ^ 『大日本華族大鑑』60頁では7月13日。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、359-360頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』38頁。
  3. ^ 『人事興信録』第14版 上、オ84-85頁。
  4. ^ 『官報』第5818号、明治35年11月24日。
  5. ^ a b c d 日本弘道會評議員 子爵 大給近孝『大分県人士録』18-20頁。
  6. ^ 『官報』第1022号、大正4年12月27日。
  7. ^ a b c 大給子爵家こぼればなし鵠沼を語る会
  8. ^ 芳林閣地域雑誌「谷中 根津 千駄木」28号
  9. ^ 大給坂(おぎゅうざか)文京区、2012年3月26日

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 『大分県人士録』大分県人士録発行所、1914年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
大給近道
子爵
府内大給家第2代
1902年 - 1947年
次代:
華族制度廃止