細川立興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
細川立興
明仁親王誕生時に行われた読書鳴弦の儀奉仕員(左より市村瓚次郎有馬良橘大給近孝辻善之助松浦靖細川立興

細川 立興(ほそかわ たつおき、1871年10月10日(明治4年8月26日[1])- 1959年昭和34年)1月11日[1][2])は、明治から昭和期の政治家華族貴族院子爵議員

経歴[編集]

宇土藩主・細川立則の長男[注 1]として生まれ、1875年3月、叔父・養兄細川行真の養嗣子となる[3][4]。養父の死去に伴い、1902年4月28日、子爵を襲爵した[1][3][4][5]

学習院で学んだ[4]。旧藩子弟のため鶴城学館中学部を設立した[2][3][4]。また、澄宮親王照宮内親王孝宮内親王皇太子継宮浴場之儀鳴弦を務めた[2][4]

1908年4月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[6]1911年7月まで在任[2]。さらに1915年8月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[7]研究会に所属して活動し、1925年7月まで在任した[2]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、481頁では二男。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『平成新修旧華族家系大成』下巻、481-482頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』54頁。
  3. ^ a b c d 『華族畫報』下、756頁。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録』第14版 下、ホ15頁。
  5. ^ 『官報』第5642号、昭和35年4月29日。
  6. ^ 『官報』第7448号、明治41年4月28日。
  7. ^ 『官報』第921号、大正4年8月26日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 下、1943年。


日本の爵位
先代:
細川行真
子爵
宇土細川家第2代
1902年 - 1947年
次代:
華族制度廃止