鈴木三樹之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 三樹之助(すずき みきのすけ、明治19年(1886年8月昭和35年(1960年12月27日)は、日本実業家三木証券創立者。旧姓海野。

内閣総理大臣を務めた大平正芳の岳父。

来歴・人物[編集]

岩手県・海野貞吉の三男[1]。先代あいの入夫となる[1]。明治44年(1911年)10月 東京において米穀商を創業[2]

大正5年(1916年)1月 東京米穀商品取引所仲買人となる[2]昭和11年(1936年)4月 東京株式取引所短期取引員となる(三木商店創立)[2]。同時に実物取引員も兼ねる [2]。昭和13年(1938年)7月 東京株式取引所一般取引員となる[2]

昭和17年(1942年)12月 三木証券株式会社に改組[2]。昭和35年(1960年)12月27日死去。

宗教浄土宗[1]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 猪野三郎監修『第十版 大衆人事録』(昭和9年)ス・六四頁
  2. ^ a b c d e f 三木証券 - 沿革