松平乗春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 乗春
時代 江戸時代前期
生誕 承応3年(1654年
死没 元禄3年9月5日1690年10月6日
別名 主水(通称
戒名 源正院殿前刺史大誉園超英徳大居士
官位 従五位下、主水正、和泉
幕府 江戸幕府
肥前国唐津藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平乗久、母:水野忠善の娘
兄弟 忠尚乗春安乗明乗乗門
乗清好乗乗重忠泰稲葉正相
正室:奥平昌能の娘
乗邑乗住乗興忠暁

松平 乗春(まつだいら のりはる)は、肥前唐津藩の第2代藩主。大給松平家宗家9代。

承応3年(1654年)、唐津藩初代藩主・松平乗久の次男として生まれる。兄が5代将軍綱吉の命により松平忠弘の婿養子になったため、元和2年(1682年)に嫡子となり、従五位下、主水正に叙任された。貞享3年(1686年)、父の死去により家督を継ぎ、主水正から和泉守に遷任する。元禄3年(1690年)9月5日、江戸で死去した。享年37。

跡を長男の乗邑が継いだ。