松平忠泰 (桑折藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠泰(まつだいら ただやす、貞享元年(1684年) - 正徳2年9月26日1712年10月26日))は、陸奥国桑折藩の嫡子。肥前国唐津藩主・松平乗久の九男。官位は従五位下、織部正。

長兄で桑折藩を立藩した松平忠尚の養子となり、元禄13年(1700年)に徳川綱吉に初御目見した。しかし、家督を継ぐことなく正徳2年(1712年)に早世した。代わって、忠尚と忠泰の甥にあたる忠暁が嫡子となった。