織田輔宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 輔宜(おだ すけよし、享保17年(1732年) - 寛政11年8月29日1799年9月28日))は、大和国芝村藩第7代藩主。長政流織田家7代。

第6代藩主織田長亮の長男。母は正室・細川有孝の養女(細川利昌の娘)。正室は土岐頼稔の娘。継室は毛利政苗の娘(のち離婚)。子はなし。通称は幸次郎。官位は従五位丹後守。

生涯[編集]

江戸にて生まれる。生母が父の正室であることから系図上は長男とされるが、実際は次男または三男であった可能性もある。享保18年(1733年8月2日、父長亮の死去に伴い家督を相続する。延享2年(1745年12月12日陣屋を戒重から芝村に移転する。延享4年(1747年)11月1日、将軍徳川家重御目見する。同年12月19日、従五位下丹後守に叙任する。

元文2年(1737年5月25日、幕府から天領13,000石を預けられる。後に93,430石にまで増やされる。ただし、宝暦3年(1753年)、預かり地の農民が重税を京都町奉行所に箱訴に及び、芝村騒動が発生した。明和4年(1767年)5月9日、駿府加番を命じられる。

安永7年(1778年2月25日に隠居し、弟で養嗣子の長教に家督を譲る。寛政11年(1799年)8月29日、江戸において死去、享年68。墓所は泉岳寺