黒田長舒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

黒田 長舒(くろだ ながのぶ、明和2年9月27日1765年11月10日)- 文化4年10月16日1807年11月15日))は、筑前秋月藩の第8代藩主。

生涯[編集]

日向高鍋藩主・秋月種茂の次男。母は越前松平明矩の娘。正室は奥平松平忠啓の娘・大円院(美須子)、継室は山内豊雍の娘・慈明院(采子)。側室に森寺氏。子に黒田長媛(長男)、黒田長韶(次男)、娘(唐橋在経室)。官位は従五位下、甲斐守。幼名は幸三郎。通称は修理。

父・種茂の母が秋月藩の第4代藩主・黒田長貞の正室腹の娘、春姫であった。この縁から天明4年(1784年)に第7代藩主・長堅が嗣子無くして早世し、秋月藩が断絶の危機を迎えたとき、その血筋をもって天明5年(1785年)3月17日、跡を継ぐこととなった。こうして、秋月種実天正15年(1587年)に秋月を離れて以来、約200年ぶりに秋月氏一族が秋月に復活することとなった。同年4月1日、将軍徳川家治にお目見えした。天明6年12月18日、従五位下甲斐守に叙任する。

宗藩の福岡藩主・黒田斉隆斉清親子はともに幼くして藩主を継いだため、長舒はその補佐役となり、長崎警備なども務めている。文化4年(1807年)10月16日、43歳で死去し、跡を次男・長韶が継いだが、その死は文化5年(1808年)2月4日まで隠されていたと言われている。法号は朝陽院大雄向水。墓所は朝倉市秋月の古心寺。

亀井南冥より教えを受ける。