黒田長貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
黒田長貞
時代 江戸時代中期
生誕 元禄7年12月14日1695年1月28日
死没 宝暦4年9月10日1754年10月25日
改名 辰三郎(幼名)→長治(初名)→長貞
別名 通称:市大夫、修理
墓所 福岡県朝倉市古心寺
東京都渋谷区祥雲寺
官位 従五位下甲斐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗家重
筑前秋月藩
氏族 野村氏→黒田氏
父母 父:野村祐春、母:黒田一貫娘・鶴子
養父:黒田長軌
正室:上杉綱憲娘・豊姫(瑞耀院)
長邦長通
酒井忠聴酒井忠陸養子)、
春姫(秋月種美正室)、甘露寺規長正室、唐橋在家正室、白川資顕室、堤栄長室、粟津元昭室など4男11女

黒田 長貞(くろだ ながさだ)は、江戸時代中期の大名筑前国秋月藩4代藩主。

元禄7年(1695年)、福岡藩重臣・野村中老家当主である野村祐春の次男として福岡にて誕生。正徳5年(1715年)12月15日、先代藩主・黒田長軌が嗣子無くして死去したため、その養嗣子となって家督を継いだ。

享保元年(1716年)1月15日、8代将軍徳川吉宗御目見する。同年7月22日、従五位下甲斐守に叙任する。財政窮乏化のため、定免制蔵米知行制度導入による藩政改革を行なっている。

宝暦4年(1754年)9月10日、秋月にて死去。享年61。家督は長男・長邦が継いだ。