明石正風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
明石正風
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
改名 正風→宗和/隠月斎(号)
別名 長行
官位 備前
主君 赤松晴政
氏族 明石氏
宇喜多能家
祐行、岩姫(小寺政職養女、黒田職隆正室)、梶原景則室、栗山利安室、安正

明石 正風(あかし まさかぜ)は、戦国時代武将赤松氏の家臣。

略歴[編集]

播磨国枝吉城を拠点としていた明石氏の当主。室は。赤松晴政に仕えていた。享禄4年(1531年)、武庫河原の戦いで浦上村宗に勝利した。天文7年(1538年)、尼子晴久による播磨侵攻に於いては、御着城主・小寺則職と共に晴久に呼応し赤松政村と交戦するが敗れ、後に淡路岩屋城へ逃亡し、その後、和睦した。

子孫[編集]

娘・岩姫は小寺政職の養女として姫路城代の黒田職隆に嫁ぎ黒田孝高(官兵衛・如水)を産んだため、正風は孝高の母方の祖父にあたる。子・安正も黒田氏に仕えた。孫に貞行、曾孫に則実

逸話[編集]

明石氏は代々、書や和歌を伝統的に興じる家風で、特に正風は戦国武将でありながら風流人であったとされ、時の関白近衛稙家に和歌を伝授した記録が残る。